シミ取りクリーム

シミ取り・美白知識から選ぶ化粧品記事一覧

シミのタイプについて

シミをどうにかしたいと思って、美白化粧品を使っている方も多いと思いますが、次のような勘違いスキンケアをしていませんか?・美白化粧品は夏の間しか使わない・UVケアを毎日していない・日焼けしてしまった時は美白マスクを使う程度シミができたら、美白化粧品でお手入れすればなんとかなると思っていませんか?それは...

≫続きを読む

シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)

夏になると、よくテレビのCMなどで美白化粧品が出回ってきますが、美白ケアというのは、夏の間だけすればいいというものではありません。シミの原因となる紫外線は一年中降り注いでいますので、紫外線対策として日焼け止めは毎日使うべきです。それでもできてしまったシミには、美白成分の入った美白化粧品を選ぶことです...

≫続きを読む

美白成分とは?

そもそもシミは、紫外線によってメラニン色素が作られます。紫外線が表皮細胞にあたると、肌内部を守ろうとしているエンドセリンなどの情報伝達物質に、シミの原因になるメラノサイトにメラニンを作るように指示を出します。そこからはじめに作られるのがチロシンというアミノ酸で、その次にメラノサイトにしかないチロシナ...

≫続きを読む

厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)

美白化粧品を見てみると、医薬部外品と書かれているものもあれば、そうでないものもあります。医薬部外品というのは、どういうものかといいますと、医薬品と化粧品の中間に位置するもので、何らかの肌への効果を認められているものとして、厚生省が認可した成分を化粧品に使用した場合に医薬部外品と表示ができます。ただし...

≫続きを読む

「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?

ハイドロキノンというと美容皮膚科クリニックなどで処方される、美白成分の中でも美白効果が高いと言われています。日々シミの治療を扱っている医師が処方するものなので、その美白効果は絶大で、「肌の漂白剤」とまで言われています。ハイドロキノンにはすでに蓄積されたメラニンそのものを淡色化し、シミを薄くします。ま...

≫続きを読む

美白成分のアルブチンとは?

美白化粧品の中に入っている美白成分の代表と言えばアルブチンです。アルブチンはコケモモとウワウルシというツツジ科の植物成分が配合されたものです。現在はウワウルシを主体とした成分には還元効果と美白効果が発揮できるとあって、アルブチンは厚生労働省が医薬部外品として承認しています。そのため、美白化粧品に多く...

≫続きを読む

肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?

美肌・美白にはビタミンC誘導体とよく聞きます。ニキビ等の肌トラブルを起こした時、保湿のためにビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶというのが基本です。ビタミンCは抗酸化作用があり、体の中の活性酸素を除去する働きがあるのですが、そのままだと安定性が悪く、熱に弱い、酸化する、水に流れ出る、肌への吸収が悪い(...

≫続きを読む

肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?

トラネキサム酸は元々は止血剤として開発されたもので、月経過多、血友病、白血病などによる出血を抑えるものです。その他にも抗炎症剤として、蕁麻疹、扁桃炎、口内炎、血管浮腫などにも用いられます。それ以外にも美白効果があると注目を浴びるようになりました。特に色素沈着抑制効果があり、メラノサイトがメラニンを生...

≫続きを読む

「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について

美白化粧品を使っているのに、いまいち効果が感じられないという方もいると思います。その理由として、美白成分が必要とする場所に届いてない、美白効果が出るまでには相当な時間がかかる、シミを予防するのは可能だけど、できてしまったシミには効果が低いということが挙げられます。まず、美白成分というのは、ビタミンC...

≫続きを読む

美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!

シミができないように、日焼け止めクリームなどで紫外線対策をしたり、できてしまったシミに美白化粧品を使っている方もいると思います。美白ケアは、紫外線の強い間だけすればいいというものではなく、一年中通してケアすることが美白力を高めます。そして、シミを予防し、改善できる成分が入っている美白化粧品を選ぶこと...

≫続きを読む


シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★