シミのタイプについて

シミのタイプについて

シミをどうにかしたいと思って、美白化粧品を使っている方も多いと思いますが、
次のような勘違いスキンケアをしていませんか?

 

・美白化粧品は夏の間しか使わない
・UVケアを毎日していない
・日焼けしてしまった時は美白マスクを使う程度

 

シミができたら、美白化粧品でお手入れすればなんとかなると思っていませんか?
それは大きな間違いで、シミのタイプによっては、美白成分の効くものと効かないものがあるんです!
シミができてしまっては手遅れ...だから、日ごろからシミを作らないように予防することが大切なんです!

 

たとえば、一般的にシミと呼ばれているものの代表的なものが、老人性色素斑です。
それ以外に、脂漏性角化症、雀卵斑(ソバカス)、炎症性色素沈着、肝斑、花弁状色素斑があります。
この中でも、美白化粧品が有効なものは、老人性色素斑(初期のもの)と、炎症性色素沈着、肝斑、雀卵斑(ソバカス)です。
それ以外は美白化粧品では解消できないというわけでないのですが、まとめてみると、以下のようになります。

 

@老人性色素斑
シミの中で最も多いタイプで、紫外線の影響でできる。
頬骨の高いところにできやすく、数o〜数十oの丸い色素斑で、初期は薄茶で、次第に濃くはっきりしてくる。
初期の段階では美白化粧品が有効。長年経ってしまったものには、皮膚自体が変化しているのでなかなか消えない。
他の対処法としては、レーザー治療がある。

 

A脂漏性角化症
シミがさらにイボのように盛り上がってきたもの。表面がポツポツしていて手の甲などにも見られる。
皮膚の形態そのものが変化しているので、美白化粧品は効きにくい。
レーザー治療の他、液体窒素による凍結療法で消せる場合がある。

 

B雀卵斑(ソバカス)
小さなシミ、ソバカスと呼ばれているもので、多くは遺伝的なもの。
白人や色白の人に多い。小さく茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴で、
形も円だけでなく、三角や四角になっている。
遺伝的要素が強いとあまり薄くならないが、理論上は美白化粧品が有効である。
レーザーで治療すれば消えるが、再発することもある。

 

C炎症性色素沈着
ニキビや傷跡が茶色くシミになって残ったもので、虫に刺された跡がなかなか消えないとか、
ムダ毛を毛抜きで抜いていると毛穴が炎症を起こし、黒く跡になってくる。
この場合は美白化粧品が有効。特にビタミンC誘導体のものがおすすめ。
他にはピーリングが即効性がある。

 

D肝斑
女性ホルモンのバランスの崩れで、頬骨のあたりに左右対称にモヤモヤとしたものができる。
妊娠中やピル服用中、更年期の人にも多い。
美白化粧品の中でもピーリングがおすすめ。
レーザー治療は不向きで、内服薬(トラネキサム酸)や漢方薬を数か月服用すると薄くなる。

 

E花弁状色素斑
海などで急激に日焼けした後に方から背中にかけてできシミのこと。
よく見ると、円ではなく、花びらのような形をしている。
美白化粧品はほとんど効かない。
レーザー治療で消える場合もあるが、そのほかの方法ではかなり難しい。

 

まずは自分のシミタイプを見極めてから、適切な美白ケアをしていくことが大切です。
そして、予防のために、日焼け止めは一年を通して使いましょう♪

 

ドクターシーラボのUVプロテクトスプレーです! ↓↓↓↓↓


ドクターシーラボ

シミのタイプについて関連ページ

シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)ことをレクチャーします。
美白成分とは?
ここでは美白成分とは?という疑問にお答えしています。
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)についてです。
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?の検証です。
美白成分のアルブチンとは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは美白成分のアルブチンについての説明です。
肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?
肌トラブルにはビタミンC誘導体がいいのですがその美白への効果をお伝えします。
肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸について解説します。
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について解説しています。
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力だと知ってましたか?

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★