美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!

美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!

シミができないように、日焼け止めクリームなどで紫外線対策をしたり、
できてしまったシミに美白化粧品を使っている方もいると思います。

 

美白ケアは、紫外線の強い間だけすればいいというものではなく、
一年中通してケアすることが美白力を高めます。

 

そして、シミを予防し、改善できる成分が入っている美白化粧品を選ぶこと。
美白成分はたくさんありますが、それぞれ特徴があり、働きが変わってきます。
それによってなかなか効果を感じられなかったりします。
美白ケアは時間がかかること、根気がいることなので、あきらめず毎日のケアをしていくことが大切です。

 

美白成分の中には、肌に浸透しにくいものが多かったり、乾燥しやすいものがあります。
なので、肌に浸透しやすい状態になっているもの、低分子化されたり、マイクロカプセル製法などで、
肌への浸透性が高くなっているものを選びます。

 

例えばビーグレンのブライトニングケアの美白成分は、独自に開発されたサイエンステクノロジーQuSome(キューソーム)で、
超微小カプセルに包み込み、角層の奥まで浸透させることを可能にしました。
これにより、肌に浸透しにくい成分、水溶性、油溶性の成分も同時に肌の奥まで浸透させることができ、
酸やアルカリ、活性酸素から成分を守り、肌への負担を軽減し、製品の安定した働きを保持してくれます。

 

スキンケアの基本は保湿ともいうように、保湿力が高まることで美白効果も高まります。
美白化粧品はさっぱりしている感じのものが多いので、乾燥しやすいというイメージがあるかと思います。
特にお肌の乾燥が気になる方は保湿がしっかり配合されたもの、
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが一緒に配合された美白化粧品を選ぶようにします。

 

【ビーグレン】


美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!関連ページ

シミのタイプについて
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミのタイプについてお伝えします。
シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)ことをレクチャーします。
美白成分とは?
ここでは美白成分とは?という疑問にお答えしています。
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)についてです。
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?の検証です。
美白成分のアルブチンとは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは美白成分のアルブチンについての説明です。
肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?
肌トラブルにはビタミンC誘導体がいいのですがその美白への効果をお伝えします。
肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸について解説します。
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について解説しています。

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★