シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)

シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)

夏になると、よくテレビのCMなどで美白化粧品が出回ってきますが、
美白ケアというのは、夏の間だけすればいいというものではありません。
シミの原因となる紫外線は一年中降り注いでいますので、紫外線対策として日焼け止めは毎日使うべきです。

 

それでもできてしまったシミには、美白成分の入った美白化粧品を選ぶことです。

 

美白化粧品というと、なんとなくパッケージが白かったり、青かったりするものが多いです。
また、ホワイト○○などと書かれているだけで、美白効果があって、シミにも効きそうと思ってしまいます。

 

でも、そういうものの多くは、美白成分がたいして入っていなかったりします。
美白化粧品はそういった美白っぽい雰囲気だけで選ぶのではなく、
ちゃんとした美白成分が入っているものを確認してから購入することです!

 

美白化粧品は、それ自体が肌全体を白くするものではありません!
メラニンの生成を抑えるものが美白成分のはたらきなので、
ニキビ跡の赤みなど、メラニンに関係のないものには効きにくいのです!
ただし、ビタミンC誘導体はニキビ跡の赤みには有効です。

 

最近は某大手化粧品メーカーの美白化粧品のある成分のロドデノールによって、
白斑ができてしまったと訴訟が起きる事態になっています。

 

白斑とは、シミやホクロなどの色素斑とは反対に、メラニン色素が消失、または減少することによって、
白い斑点が出現してまだらになる、肌の色が白く抜ける、俗に「しろなまず」と呼ばれるものです。
これは、日光に当たったり、加齢や薬物などでできることもあります。

 

ロドデノールによる白斑の被害は拡大していますが、
ロドデノール自体はシラカバの樹脂に含まれている天然成分であって、それに美白効果があるということで、
2008年には厚生労働省の薬用美白成分としての承認を得ています。

 

ロドデノールはメラニンの元であるチロシナーゼの活性化を阻害するので、
メラニンの生成を減少させてくれますが、その副作用として白斑ができてしまうのです。

 

ロドデノールの安全性に関しては、1200例もの化粧品の使用者の経過を見てきましたが、
その時点では何の問題もなく、基準もクリアしていたそうです。
なのに、このような肌トラブルが未だ続いていることは、何らかの見落としがあったのかもしれません!

 

この問題が発覚してからは、医薬部外品に対しても慎重になるべきだと思います。
また、美白化粧品を開発している各メーカーには、どのような根拠で安全と判断しているか、
たとえば、医師が開発・監修したものや医療現場で使われているものなど、
明確な説明や、表示されているものを選ぶべきです。

 

シミを消したい、美白になりたいと思ってケアしていたものが、肌を悪化させてしまうことは残念なことです!
そうならないためにも、美白化粧品を選ぶ際には、その成分表示などをしっかり確認しましょう!

 

ロドテノールが入っていない商品の代表例はこちらです。

 

【ビーグレン】


 

【アンプルール】


シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)関連ページ

シミのタイプについて
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミのタイプについてお伝えします。
美白成分とは?
ここでは美白成分とは?という疑問にお答えしています。
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)についてです。
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?の検証です。
美白成分のアルブチンとは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは美白成分のアルブチンについての説明です。
肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?
肌トラブルにはビタミンC誘導体がいいのですがその美白への効果をお伝えします。
肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸について解説します。
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について解説しています。
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力だと知ってましたか?

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★