厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)

厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)

美白化粧品を見てみると、医薬部外品と書かれているものもあれば、そうでないものもあります。

 

医薬部外品というのは、どういうものかといいますと、
医薬品と化粧品の中間に位置するもので、何らかの肌への効果を認められているものとして、
厚生省が認可した成分を化粧品に使用した場合に医薬部外品と表示ができます。
ただし、薬とは違います。

 

薬とは違うとはいえ、こう書かれていると、効きそうなイメージが強いのですが、
一概には言えないところもあり、美白化粧品を選ぶ際の目安とするひとつの方法です。

 

医薬部外品であるかないかとか、美白化粧品の成分だけでなく、化粧品に含まれている成分というのは、
人によって相性というのがありますから、肌に合うかどうかは実際に試して探していくしかありません。

 

また、最近問題になっているロドデノールによる白斑被害が拡大しています。
ロドデノールは2008年に厚生労働省が医薬部外品として承認されました。
白斑に関する調査も行ってきましたが、調査で拾いきれなかった分があり、
今回のような白斑の問題が発見できなかったそうです。

 

このようにどれだけ調査しても事前にわからないケースも想定されるので、
化粧品メーカー側も、肌に合わなければ使用をやめるように顧客に呼びかけたり、
正しい使い方を伝えたりすることが求められています。

 

美白化粧品を選ぶ際には、まずは自分の肌に合うかどうか、サンプルなどで試してみる必要があります。

 

以下に厚生労働省が認可した安全な医薬部外品の代表的な美白成分をご紹介します。

 

○ビタミンC誘導体
ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいため、形を変えて吸収されやすいようにしたもの。
リン酸型ビタミンCなどがポピュラー。
抗酸化作用もあるので、アンチエイジングやニキビなどの炎症を抑えるのにも役立つ。

 

○アルブチン
こけももから抽出された成分で、濃度が高いと肌に刺激になることも。
チロシナーゼの活性を阻害する。

 

○コウジ酸
麹菌由来の成分。チロシナーゼの活性を阻害する。

 

○エラグ酸
イチゴ由来の成分。チロシナーゼの活性を阻害する。

 

○ルシノール
北欧のモミの木に含まれる成分から作られた成分で、化学名は4-n-ブチルレゾルシノール。
チロシンとチロシナーゼの結合を阻害する。

 

○リノール酸
サフラワーなどの植物油から抽出される。チロシナーゼを分解する。

 

○カモミラET
ハーブのカモミールに含まれる成分で、抗炎症作用もある。
情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラノサイトの活性も抑制する。

 

○トラネキサム酸
抗炎症剤として使われていたものを美白成分として開発したもの。メラノサイトの活性を抑制する。

 

○4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
慢性的なターンオーバーの乱れなどに研究開発された成分。チロシナーゼの活性を抑制する。

 

○マグノリグナン
植物に含まれる天然化合物をモデルにしてつくられた成分。チロシナーゼの成熟を阻害する。

 

○プラセンタエキス
豚の胎盤から抽出された成分。牛由来のものは除く。
メラニンの生成を抑制するだけでなく、角質融解作用、組織の代謝促進作用などがある。

 

それ以外のもの
○油溶性甘草エキス(グラブリジン)
漢方薬でもある甘草から抽出した成分で、消炎作用もあるので、かぶれにくい。
肌の弱い人でも使いやすい。
その他にも、火棘エキス、ルムブヤン、イモニガショウガエキスなどもある。

 

美白化粧品を購入する際の参考にしてみてください。

 

当サイトではこの成分の中でもチロシナーゼの活性を阻害しメラニンの生成を抑制する、アルブチン配合の化粧品アンプルールをおすすめしています。

 

【アンプルール】


厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)関連ページ

シミのタイプについて
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミのタイプについてお伝えします。
シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)ことをレクチャーします。
美白成分とは?
ここでは美白成分とは?という疑問にお答えしています。
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?の検証です。
美白成分のアルブチンとは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは美白成分のアルブチンについての説明です。
肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?
肌トラブルにはビタミンC誘導体がいいのですがその美白への効果をお伝えします。
肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸について解説します。
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について解説しています。
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力だと知ってましたか?

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★