美白成分のアルブチンとは?

美白成分のアルブチンとは?

 

美白化粧品の中に入っている美白成分の代表と言えばアルブチンです。
アルブチンはコケモモとウワウルシというツツジ科の植物成分が配合されたものです。
現在はウワウルシを主体とした成分には還元効果と美白効果が発揮できるとあって、
アルブチンは厚生労働省が医薬部外品として承認しています。
そのため、美白化粧品に多く使用されていますし、それだけ美白効果と安全面では確かな成分だと言えます。

 

一般的にアルブチンには2種類あって、αアルブチンとβアルブチンがあります。
今まではβアルブチンでしたが、シミやソバカスを防ぐとはいえ、
気になる一点のシミなどスポット的に使いたい場合はあまり効果を感じられなかったりします。

 

最近ではαアルブチン配合の美白化粧品が脚光を浴びています。
というのも、αアルブチンはハイドロキノン(肌の漂白剤)の刺激を軽減させたもの。
ハイドロキノンとブドウ糖が結合することで、ハイドロキノンを安定化させたものなので、
非常に安全性が高く確実な効果を期待できるんです!

 

ハイドロキノンは肌馴染みが悪いのですが、αアルブチンはβアルブチンよりも肌への浸透性が高く、10倍の美白効果をもたらします。
なので、これからできるシミに大きな効果を期待できるのです!

 

ほとんどどんなシミやソバカスにも効果を発揮しますが、すでにできてしまったシミに対しては効果が感じられないかもしれません。
アルブチンはどちらかというと「予防型」の美白成分です。

 

また、アルブチンは比較的安全性が高いものと言われていますが、
やはり濃度の高いものは刺激が強かったりするので、注意が必要です。
なるべく天然のアルブチン成分を含んだ美白化粧品を選び、まずは自分の肌で試してみることをおススメします。

 

ハイドロキノンでシミ取り、アルブチンでシミ予防、ダブルの成分が含まれるのはこちらアンプルールですね。

 

【アンプルール】


美白成分のアルブチンとは?関連ページ

シミのタイプについて
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミのタイプについてお伝えします。
シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)ことをレクチャーします。
美白成分とは?
ここでは美白成分とは?という疑問にお答えしています。
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)についてです。
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?の検証です。
肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?
肌トラブルにはビタミンC誘導体がいいのですがその美白への効果をお伝えします。
肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸について解説します。
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について解説しています。
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力だと知ってましたか?

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★