肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?

肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?

美肌・美白にはビタミンC誘導体とよく聞きます。
ニキビ等の肌トラブルを起こした時、保湿のためにビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶというのが基本です。

 

ビタミンCは抗酸化作用があり、体の中の活性酸素を除去する働きがあるのですが、
そのままだと安定性が悪く、熱に弱い、酸化する、水に流れ出る、肌への吸収が悪い(尿として体外へ排出される)といったデメリットがあるので、
それらを改良するためにビタミンC誘導体というものが開発されました。

 

ビタミンC誘導体には水溶性のものと油溶性があります。

 

水溶性のビタミンC誘導体はローションタイプに多く、
肌に浸透すると即座に効果を発揮し、約12時間の持続性があります。
アスコルビン酸リン酸ナトリウムやアスコルビン酸リン酸マグネシウムなどが代表。
メラニンの生成を抑制し、メラニンを排せつし、ターンオーバーを改善し、皮脂の分泌を正常にしてくれるので、
オイリー肌やニキビケアにも向いています。

 

油溶性のビタミンC誘導体はクリームやジェルタイプに多く、
水溶性よりも肌への浸透率が高く、持続性も長くなります。
そのため肌の乾燥が気になる人にはおススメです。
テトライソパルミチン酸アスコビルがあります。

 

ビタミンC誘導体は、シミを還元し、メラニン生成を抑制する効果があるので、
さまざまなタイプのシミに効果があると言われています。
すでにできてしまったシミやこれからできるかもしれないシミに対しても有効なので、
万能な美白成分と言えます。
また、美白だけにとどまらず、ニキビ肌のケア(特にニキビ跡)にも効果的なので、
炎症性色素沈着によるシミに効果を発揮するでしょう!

 

ビタミンC誘導体は厚生労働省が医薬部外品として承認していますが、
人によっては乾燥気味になったり、肌にピリピリとした刺激を感じる場合があります。
特に高濃度のビタミンC誘導体と謳っている化粧品には注意が必要です。

 

高濃度だからと言って、効果が高いというわけではなく、かえって肌に副作用が出るというリスクがあります。

 

やはり、トライアルなどで自分の肌で試すことをおススメします。

 

ほとんどの美白化粧品に入っている成分です。

 

【アンプルール】


 

【ビーグレン】


 

【ディセンシアのサエルシリーズ】

肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?関連ページ

シミのタイプについて
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミのタイプについてお伝えします。
シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)ことをレクチャーします。
美白成分とは?
ここでは美白成分とは?という疑問にお答えしています。
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)についてです。
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?の検証です。
美白成分のアルブチンとは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは美白成分のアルブチンについての説明です。
肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸について解説します。
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について解説しています。
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力だと知ってましたか?

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★