肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?

肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?

トラネキサム酸は元々は止血剤として開発されたもので、月経過多、血友病、白血病などによる出血を抑えるものです。
その他にも抗炎症剤として、蕁麻疹、扁桃炎、口内炎、血管浮腫などにも用いられます。

 

それ以外にも美白効果があると注目を浴びるようになりました。
特に色素沈着抑制効果があり、メラノサイトがメラニンを生成するのを抑制する働きがあります。

 

トラネキサム酸(内服薬)は、女性ホルモンのバランスが影響してできるシミ、いわゆる肝斑に効果があると言われています。
肝斑というのは、扇状に左右対称に広がる淡褐色のシミで、視界がぼやけてはっきりしないもの、
特に両頬や目の下側にできやすいものです。
また、妊娠中、ピル服用中に出現することもあります。

 

この症状が見られるのは、30〜40歳代で、50歳代前半以降、閉経後には薄くなり、高齢になるとほぼなくなってしまいます。

 

肝斑の場合はレーザー治療は不向きで、かえって色素沈着を強めてしまうこともありますので、
美白化粧品とともにトラネキサム酸の内服薬を数か月服用すると、より効果が早く現れます。

 

トラネキサム酸は美容皮膚科などで処方されますが、最近では市販薬も出ています。
市販薬は手軽に試せますが、すべての肝斑に効くというものではないので、
1〜2か月服用してみて効果がない場合は、漠然と飲み続けるのはやめましょう。
もともとは止血剤なので、脳梗塞、心筋梗塞などの病気を引き起こしかねない場合もあるので、
そういった病歴のある方、血栓のできやすい方、動脈硬化がある方は服用できません。
心配な方は医師に処方してもらいましょう。

 

トラネキサム酸は、基本的には副作用が少ない成分です。
市販の外用薬や化粧品として使用する場合はあまり心配ありませんが、
皮膚科で処方されるものは、まれに生理が重くなるなどの副作用が起きる場合があります。

肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?関連ページ

シミのタイプについて
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミのタイプについてお伝えします。
シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)ことをレクチャーします。
美白成分とは?
ここでは美白成分とは?という疑問にお答えしています。
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)についてです。
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?の検証です。
美白成分のアルブチンとは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは美白成分のアルブチンについての説明です。
肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?
肌トラブルにはビタミンC誘導体がいいのですがその美白への効果をお伝えします。
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について
「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について解説しています。
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力だと知ってましたか?

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★