「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について

「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について

美白化粧品を使っているのに、いまいち効果が感じられないという方もいると思います。

 

その理由として、美白成分が必要とする場所に届いてない、美白効果が出るまでには相当な時間がかかる、
シミを予防するのは可能だけど、できてしまったシミには効果が低いということが挙げられます。

 

まず、美白成分というのは、ビタミンCなど多くは親水性(水に馴染む成分)なので、
そのままでは皮脂などの油分やバリア機能に阻害され、皮膚に浸透しにくいものになっています。
なので、ビタミンCなら誘導体に変換することで肌への浸透性を高めたり、
ナノテクノロジー化(低分子化)したり、マイクロカプセル製法など、
各化粧品メーカー独自の技術などを使って、肌に馴染みやすいようにしてあるものを選ぶようにします。

 

さらに、美白効果が出るまでには相当な時間がかかることを覚悟しておくことです。
また、美白成分というのは、これからできるシミを予防するものと、
できてしまったシミに対して、チロシナーゼの生成を抑制して、メラニンを還元する効果のあるもの、
またはメラニン自体を漂白してしまい、シミそのものを薄くしてくれるものとに分けられます。
だから、適切なケアをしないといつまでたってもシミに効果がないと感じてしまいます。

 

予防型の美白成分(メラニンを作る過程を阻害する)
*アルブチン(αアルブチン)
*ビタミンC誘導体
*エラグ酸
*ルシノール
*トラネキサム酸
*コウジ酸
*リノール酸
*カモミラET
*4MSK
*マグノグリナン
*プラセンタエキス

 

還元型・漂白型の美白成分(できてしまったメラニンを淡色化する)
*ビタミンC誘導体
*プラセンタエキス
*油溶性甘草エキス(グラブリジン)
*ハイドロキノン

 

一般的に美白化粧品の中に使われている美白成分はほとんどが予防型のものが多いです。
新たなシミを防ぐことはできても、できてしまった濃いシミを薄くする効果は低くなっています。
こういったシミをどうにかしたい場合は、シミの漂白剤とも言われている一番強力な美白成分のハイドロキノン入りの
クリームなどを使うしかないのです!
ハイドロキノンなら、シミの予防はもちろん、シミを薄くする効果に長けているので、
即効性を求める方、確実にシミを薄くしたい方におススメです。

 

そこで私がおススメするのが、アンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズです。
こちらは、皮膚科医の高瀬聡子(あきこ)さんが開発プロデュースしたドクターズコスメなので、信頼と安心感があります。
美容皮膚科で処方されるシミへの切り札「ハイドロキノン」を
安定化させて配合したクリーム「ラグジュアリーホワイト クリーム」を開発しました。

 

ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑える効果が一般の美白成分の100倍と言われています。
さらにできてしまったシミへの還元効果も備えているのですが、家庭用に使用するには強すぎるので、
それを最新の技術で安定化させ、皮膚への刺激を徹底的になくしたのが「新安定型ハイドロキノン」です。

 

アンプルールの新安定型ハイドロキノンはどんなものかといいますと、
従来のハイドロキノンとそれを安定させる物質BCDAC(ガードマンのような役目)を合成させてできた新型の分子錯体結晶のことで、
美白効果を保ちながら、酸化しにくく、熱や光に耐えられるようになり、
今まで以上に安定して効果が発揮され、さらにお肌への刺激がなくなり安心して使えるようになりました。

 

パッチテスト(刺激性とアレルギー反応についての調査)を行ったところ、全ての症例で陰性が確認されています。
また、50名のモニターに対し、肌の赤みの増減を測定したところ、増加した例はありませんでした。

 

とはいってもすべての人の肌に合うというわけではないので、まずはトライアルキットで試してみましょう。

 

【アンプルール】


「シミ予防型」の美白成分と「還元型・漂白型」の美白成分について関連ページ

シミのタイプについて
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミのタイプについてお伝えします。
シミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここではシミには安全な美白成分を含む化粧品を選ぶ(白斑被害を受けないために)ことをレクチャーします。
美白成分とは?
ここでは美白成分とは?という疑問にお答えしています。
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)
厚生労働省が認めている美白成分の種類(医薬部外品)についてです。
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?
「肌の漂白剤」美白効果が高いと言われているハイドロキノンは安全なのか?の検証です。
美白成分のアルブチンとは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは美白成分のアルブチンについての説明です。
肌トラブルにはビタミンC誘導体!美白への効果は?
肌トラブルにはビタミンC誘導体がいいのですがその美白への効果をお伝えします。
肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸とは?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸について解説します。
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力!
美白ケアに欠かせないものは、美白力と浸透力と保湿力だと知ってましたか?

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★