美白対策=紫外線対策=日焼け止め

美白対策=紫外線対策=日焼け止め

 

美白・シミ対策は紫外線対策です。紫外線対策は日焼け止めを塗ることです。
紫外線を浴びると肌が赤くなったり黒くなったりします。これが「日焼け」です。

 

日焼けをした時は、ほとんどの人が「日焼けした〜」程度にしか思っていません。
しかし、日焼けはお肌が火傷した状態になっていますので、将来的には肌に何らかの影響を与えることでしょう。
日焼けの種類には「サンバーン」というものと「サンタン」という種類の2つがあります。
サンバーンは、紫外線Bを浴びて肌が赤くなってしまった状態です。この場合は数時間後〜2日ほど続き、その後黒くなっていきます。
また、大量の紫外線Bを浴びてしまった場合は、赤くなるだけじゃなく痛みも伴ってきます。

 

サンタンは、赤くなった後に黒くなった状態のことをいいます。通常は2〜7日ほどで黒くなるでしょう。
シミが出来やすい人は、メラニンを作る能力が高い人なので、シミができやすいのであればメラニンを抑える力があるものを使用する必要があります。
ただ、メラニンには紫外線から肌を守ってくれる力もありますので、完全にシャットアウトするのは少々問題があります。

 

メラニンを完全になくしてしまうと、肌(細胞)を紫外線から守ってくれるものがなくなってしまいますので、どういった形でバランスをとって良いか分からない場合は、ドラッグストアの薬剤師さんや皮膚科の専門医などに相談することで適切なアドバイスをもらえるのではないでしょうか。

 

私の使ってるUVプロテクトスプレーです! ↓↓↓↓↓


ドクターシーラボ

美白対策=紫外線対策=日焼け止め関連ページ

紫外線の種類には何がある?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。まず紫外線の種類には何がある?
紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
紫外線の強い時間や季節について
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線の強い時間や季節について
日焼け止めの成分について
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。日焼け止めの成分についてです。
日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができる
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができます。

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★