紫外線の種類には何がある?

紫外線の種類には何がある?

 

美白、シミ取り対策をしていくうえで大切なことは紫外線対策ですが、紫外線には主に3つの種類があります。
紫外線A(UV-A)というのは、私達が普段から浴びている紫外線になります。
紫外線Aは波長が長いので、季節や気候など関係なく地表に降り注いでいます。
ですが、紫外線の中では最も害が少ないと言われている紫外線でもあるのです。

 

有害性が弱いとはいっても、やはり肌には大きな負担を与えますので、メラニンを活性化させる作用があります。
次に紫外線B(UV-B)ですが、これはオゾン層によって吸収されますので地表は届きません。
ただ、最近はオゾン層の破壊が進んでいますので、紫外線Bは地表に少し届いているという発表が出ています。
紫外線Bに気をつけなければいけないのが、皮膚がんや白内障を引き起こす紫外線でもあるということを知っておくことです。
太陽光を浴びて肌が赤くなったり痛みなどを出てくるのは、この紫外線Bが原因となります。
紫外線C(UV-C)は、紫外線の中で最も有害性があります。
オゾン層によって吸収されていると言われていますが、標高の高い山頂などでは確認されていますので、オゾン層の破壊が進んでいけば地表に届く可能性が高くなるでしょう。

 

こちらの紫外線も皮膚がんなどの原因にもつながりますが、詳しくはまだ解明されていません。
ただ有害性が一番高いものとなりますので、今後も注意して観察していく必要があるものとなります。
現段階では、私達が太陽光を浴びれば紫外線Aの被害に遭っていることになりますが、そのうちBやCにも気をつけなければいけない時代が訪れるかもしれません。

私の使ってるUVプロテクトスプレーです! ↓↓↓↓↓


ドクターシーラボ

 

 

紫外線の種類には何がある?関連ページ

美白対策=紫外線対策=日焼け止め
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。美白対策=紫外線対策=日焼け止めです。
紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
紫外線の強い時間や季節について
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線の強い時間や季節について
日焼け止めの成分について
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。日焼け止めの成分についてです。
日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができる
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができます。

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★