紫外線の強い時間や季節について

紫外線の強い時間や季節について

 

紫外線の強い時間や季節についてですが、まずは夏の正午頃が一番強い時間・季節になるでしょう。

 

また、紫外線の量というのは南が多くなりますので、北海道に比べれば沖縄の方が紫外線の量が多くなってしまいます。
紫外線B(UV-B)の場合、正午前後が最も多く、この時間で1日に降り注ぐ紫外線の約半分以上が降り注いでいるといわれています。
ただ、日の入りや日の出付近は少なくなります。季節としては、春から秋が多いのですが真夏ほど多くありません。
では、冬ならば安心かというとそうではありません。冬でも長い時間浴び続ければ体に影響が出てくるでしょう。

 

場所は山頂など太陽に近い場所は紫外線Bの量が多くなるので注意が必要です。
ここで余談ですが、空気が汚れているような工業地帯などは紫外線量が少なくなっています。
ですが、空気がキレイな山頂の場合は、紫外線量が多くなるのは空気中に遮るものがないからなんですよ。
ちなみに、新雪は紫外線を反射させるので、スキーなどをする場合は特に注意が必要とされています。

 

漁師さんや農家の人は、同じ年齢の人と比べても色が黒く若干年上に見える場合がありますが、これは紫外線を浴びる機会が多いからなんですね。
そして、さらに沖縄などで生活している人などは北寄りの地域の人と比べても紫外線の量を多く浴びていることになります。
紫外線対策のために、日傘などでバッチリ予防をしていても空気中にも紫外線は漂っていますので、100%の阻止はできないと思っても間違いじゃありません。

 

私の使ってるUVプロテクトスプレーです! ↓↓↓↓↓


ドクターシーラボ

紫外線の強い時間や季節について関連ページ

紫外線の種類には何がある?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。まず紫外線の種類には何がある?
美白対策=紫外線対策=日焼け止め
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。美白対策=紫外線対策=日焼け止めです。
紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
日焼け止めの成分について
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。日焼け止めの成分についてです。
日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができる
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができます。

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★