紫外線対策はどうしたらいい?

日焼け止めの成分について

 

日焼け止めの成分についてお話します。まず、日焼け止めの成分の1つに「紫外線吸収剤」というものがあります。
これは、紫外線を吸収し、熱エネルギーに換えて放出させる成分ですが、SPF値の高い日焼け止めに使用されていることが多くなります。
SPF値が高いということは、それだけ肌への負担も大きくなりますので、肌荒れも起こしやすくなるのが難点です。

 

肌が弱い人や子供の場合は、この日焼け止めを使うのは止めておいた方が良いでしょう。SPF値が高い日焼け止めを使用したら、入浴や洗顔時にしっかりと洗い流すようにしてください。
次に、「紫外線散乱剤」についてお話したいと思います。これは、紫外線を反射(散乱)させる成分となります。
こちらの成分は紫外線吸収剤配合の物より肌への負担が少ないと考えられていますので、子供などにはこの成分が使われているものを使ってあげると良いのではないでしょうか。

 

また最近では、低刺激性の日焼け止めも売られていますので、肌に負担をかけたくない人はこれらを選ぶようにすると安心だと思います。
どちらにしろ、入浴・洗顔時には日焼け止めをしっかりと落とすこと。
これはとても大切なことです。

 

日焼け止めを塗ったまま放置すると、吹き出物などの原因に繋がってしまいますのでご注意くださいね。紫外線からも守ってあげられるのはあなた自身です。
そして、日焼け止めから肌を守ってあげられるのもあなた自身というわけですね。

 

私の使ってるUVプロテクトスプレーです! ↓↓↓↓↓


ドクターシーラボ

日焼け止めの成分について関連ページ

紫外線の種類には何がある?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。まず紫外線の種類には何がある?
美白対策=紫外線対策=日焼け止め
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。美白対策=紫外線対策=日焼け止めです。
紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
紫外線の強い時間や季節について
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線の強い時間や季節について
日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができる
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができます。

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★