03-06 日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができる

日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができる

 

日焼け止めを塗って紫外線対策をしたとしても、日焼け止めの選び方と塗り方によっては美白・シミ対策は失敗してしまいます。

 

日焼け止めの上手な選び方としては、外出の時間によって使い分けたりすることをオススメします。
日焼けすると肌が黒くならずに赤くなるという人は、紫外線に対する影響が強く出てしまいますので、SPF/PA値の高い日焼け止めを選ぶようにしましょう。
逆に、肌の弱い人や子供はSPF値が低い日焼け止めを選ぶようにしてください。

 

また、長時間外出するようなことがあれば、3時間に1回程度日焼け止めを塗りなおすようにした方が良いですね。
海などに行く場合は、『ウォータープルーフ』タイプの日焼け止めを塗って水に流れないようにすると安心です。
なお、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは水で流れ落ちないようになっていますので、帰宅後は石けんなどでしっかりと落とすようにしましょう。
日焼け止めは紫外線を防止してくれますが、使用前には必ず目立たない部位に塗って自分の肌に合うかをしっかりと確認するようにしてください。

 

肌が弱い人は日焼け止めによって悪化する場合がありますので、悪化したら必ず皮膚科を受診するようにしましょう。
そして、肌に塗る時はまんべんなく塗るようにしてください。ここでケチると思った効果が出ませんので注意してくださいね。使用後、洗い流した後は保湿を忘れずに行ないましょう。

 

私の使ってるUVプロテクトスプレーです! ↓↓↓↓↓


ドクターシーラボ

日焼け止めの選び方と上手な塗り方で美白対策ができる関連ページ

紫外線の種類には何がある?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。まず紫外線の種類には何がある?
美白対策=紫外線対策=日焼け止め
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。美白対策=紫外線対策=日焼け止めです。
紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線は肌にどんな影響を与えるの?
紫外線の強い時間や季節について
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。紫外線の強い時間や季節について
日焼け止めの成分について
「シミ取りクリームでもっと美白に」と思う人も多いと思います。ここでは主に紫外線対策について書かせていただきます。日焼け止めの成分についてです。

シミ取りクリームランキングへ★ ビーグレン QuSomeホワイト体験談★ アンプルール 体験談★ ディセンシア サエル体験談★